×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビができる原因1

どんなに注意して肌の手入れをしていても、色々な原因でニキビは発生します。女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモン物質がありますが、これらが生理の周期によって変化することが原因になって、女性の「生理前ニキビ」が発生すると考えられています。出産や妊娠などには必要な女性ホルモンであるプロゲステロンは、その反面で皮膚の下の角質を厚くしたり、皮脂をたくさん出すような働きをします。

ニキビができる原因2

生理前ニキビができやすくなる原因には、こういったプロゲステロンの作用でニキビのできる環境になることが考えられます。ニキビが発生する原因は、他にも幾つかあります。酒・タバコなどの刺激物や食品添加物が含む有毒物質は体内の解毒作用を弱め、ニキビをできやすくします。日頃のストレスもよくありません。解毒作用が弱まると皮膚が菌に対する抵抗力が弱まりビタミンが不足し、黄体ホルモンを壊す力がなくなります。このことから、皮脂が過剰に増えてニキビができやすい環境が作られやすくなります。

ニキビができる原因3

そのほかのニキビの原因に便秘があります。便秘になると、本来排泄すべき毒素が排出されず皮膚表面に出てくるので、それがニキビの温床となります。甘い物の大量摂取は、皮膚が菌に対する抵抗力も低下します。また、ニキビが悪化する原因には、紫外線によるアクネ菌があります。この菌によって肌の保湿成分が衰えて調子が悪くなり、ニキビが出てくるのです。バランスの取れた食事や規則正しい生活、そしてストレスを早め早めに発散させることがニキビ予防にもつながります。

Copyright © 2007 ニキビができる原因を知りたくありませんか?ニキビができる原因教えます。